レントゲン

胸のレントゲンをとって、「何か見えます」って言われたらコワイでしょ。
何が見えるのかは言わず、なんか悲し気な目で見られたら・・・怖いでしょーー!?
そんなことがありました。
特に問題はなかったのですが(いや、ちょっとあった)、
あんな態度は怖いのでやめてくれって思った、、

ってことを知り合いに言ったら「それは医師失格だね」ですって。
レントゲン技師のことですけどね。
いずれにしても、その時にそんな人を不安にさせることなんか言ってはいけないし、
そういう勉強をしてるはずで、訓練も受けてるはずであると。
だから失格だと。

失格でも合格でも、不安になってしまったものはどうしようもない。
やめてほしいとは思うけど、もう遅いよ。
謝ってもらってもしょうがない。
この気持ちを解消するには「あなたは健康です」っていう証明がほしい。

「何か見えます」って、、、汗
何が見えてそれは悪いモノかどうか、そしてどうしたらいいのか言ってくれたらまだましだ。
いやー、健康が一番だなって本当に思います!

このブログ記事について

このページは、さとみが2019年7月 1日 17:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯磨き」です。

次のブログ記事は「ジェンダーフルイド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。