昔はあった

実は、私が生まれ育った家の近くでもこれはあったのですが、
「あの子は本当はもらい子で、あそこの家の子じゃない」
という話。
こんな書き方すると失礼ですけどね。
だってその子はそこの「実⑤として育っているし、本人は知らないかもだし、
戸籍上も実子なんです。
昔はあったのです、こういうことが。
今は養子縁組として、その状況は戸籍で分かるようです(おそらく)。

でも昔はあった話です。
自分だってそうなのかもしれませんよ(!)。

ちゃんとへその緒とかもあるし、病院との話でちゃんとやってくれるので分からないんですって。
逆にいえば、親が本当のことを話してくれない限り、
なーんにも分からないってことですね。

分かるとしたら、近所の人が何かを知ってるとか、親戚とか、、
病院の人も良心的な人なら分かるかもです。
でも、あんがい病院も近所の人も「知らない」かもだし、

知ったところでどうするの、、とうう想いもあって言わないのかもです。

とにかく、昔はこういうことがあったのですね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

  • Google
  • 産業保健師という言葉を知っていますか?産業保健師とはというページを見見ればわかりますが企業保健師のことです。この保健師サイトを見れば効率的に転職ができると思います。
  • 看護師のスキルアップを目指すなら認定看護師を目指して転職探しも1つの選択肢です。ご参考に。

このブログ記事について

このページは、さとみが2019年11月 1日 17:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白い服」です。

次のブログ記事は「金いろの・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。